理想の弾道と飛距離《ミドルアイアン編》

理想の弾道と飛距離〜ミドルアイアンの理想値早見表〜


今回はミドルアイアンの理想値をご紹介します!


トラックマン社の調査では6番アイアンを使用していますが、

最近のアイアンはかなりロフトが立っているクラブも多いです。


なので、「ロフトがおおよそ30°の番手」と考えた方が良いかもしれませんね。

まずは使っているクラブのロフト角をチェックしておきましょう!




ミドルアイアンの理想的な弾道については表の通りです。

ちなみに、男性アマチュアゴルファーのクラブスピードの平均ですが、

ドライバーは42.0㎧、6番アイアンは35.7㎧になります。

表では、平均に最も近いクラブスピード36㎧の箇所は青く表記しています。


ご自身のアイアンのクラブスピードを知っている方は少ないと思いますが、

ドライバーのクラブスピードから-6㎧くらいの数値が、ご自身のミドルアイアンのクラブスピードと考えて良いかもしれません。



《ミドルアイアンでチェックしたい項目》

ミドルアイアンで特にチェックしたい項目は「最高到達点」です。


クラブスピードが平均のプレーヤーの理想的な最高到達点の高さですが、

ドライバー(42.0㎧)=27ヤード

6番アイアン(35.7㎧)=26ヤードとほぼ一致します。



またプロゴルファーの数値も同様で、



《PGAツアープロ(ドライバーのボールスピード75㎧)》

ドライバー=32ヤード

6番アイアン=30ヤード


《LPGAツアープロ(ドライバーのボールスピード63㎧)》

ドライバー=25ヤード

6番アイアン=25ヤード


と、こちらもほぼ一致します。

この事から、ご自身のミドルアイアン数値をチェックする時にはドライバーの最高到達点と同じ様な数値になっているかを確認しましょう!


クラブスピードが平均よりも遅めで、ドライバーよりもミドルアイアンの最高到達点が5ヤード以上低い方にとっては、そのアイアンはちょっとハードすぎるかもしれません。


その場合には、ボールの上がりやすいユーティリティやショートウッドを活用する事を検討してみても良いかもしれませんね!