理想の弾道と飛距離《ピッチングウェッジ編》

理想の弾道と飛距離〜ピッチングウェッジの理想値早見表〜


今回はピッチングウェッジの理想値をご紹介します!


トラックマン社のこの調査は少し前に測定されたものになります。

ですが、最近のアイアンはかなりロフトが立っているクラブも多いです。


なので、「ロフトがおおよそ45°の番手」と考えた方が良いかもしれませんね。

まずは使っているクラブのロフト角をチェックしておきましょう!




ピッチングウェッジの理想的な弾道については表の通りです。

ちなみに、男性アマチュアゴルファーのクラブスピードの平均ですが、

ドライバーは42.0㎧、ピッチングウェッジは32.1㎧になります。

表では、平均に最も近いクラブスピード32㎧の箇所は青く表記しています。


ご自身のアイアンのクラブスピードを知っている方は少ないと思いますが、

ドライバーのクラブスピードから-10㎧くらいの数値が、ご自身のピッチングウェッジのクラブスピードと考えて良いかもしれません。



《 ピッチングウェッジのチェックポイント 》

ピッチングウェッジなどのショートアイアンでは「キャリー」「左右打出角」が安定しているかをチェックしましょう!

ショートアイアンは飛ばしよりもコントロールできるかどうかが大切になります!



ちなみに、アイアンの各番手のキャリーの差はクラブスピードによりますが、約10ヤード前後になります。

アイアンは全番手のデータを取って、適正なキャリーの差が出ているかも確認しましょう!